30〜39才の間に更年期が訪れたとすれば、医学的に表すと「早発閉経(早期閉経)」という疾患を指します(我が国の場合は40歳以下の比較的若い女の人が閉経してしまう症状のことを「早期閉経(premature menopause)」と称しています)。
子どもの耳管の構造は、大人の耳管と比較して幅が広くて短い形状で、尚且つ水平に近いため、細菌が侵入しやすくなっています。子どもがよく急性中耳炎に罹るのは、この事が関わっています。
世間では水虫といえば足を思い浮かべ、中でも足指の間にできやすい皮膚病だと間違えられやすいのですが、白癬菌がうつるのは足だけに留まらないので、体中どこにでもかかる危険性があるのです。
アルコールを無毒化するという作用があるナイアシンは、宿酔に効く成分です。苦しい二日酔いの誘因物質であるエチルアルデヒドという化学物質の無毒化にも作用します。
ちょっとした捻挫だと自己判断してしまい、湿布をして包帯やテーピングなどで固定し、そのまま様子をうかがうのではなく、応急処置を施してからすかさず整形外科を訪れることが、結局は根治への近道となるでしょう。
学校など団体生活で、花粉症の症状が要因で他の皆と一緒にめいっぱい走り回ることができないのは、当事者にとっても悲しい事でしょう。
高齢化による耳の聞こえにくさでは毎日少しずつ聴力が低くなりますが、大体において60歳を超えないと聴力の悪さをきちんと認識できません。
音楽の公演の施設やダンス広場などに置かれた特別仕様の大型スピーカーの正面で大きな音を浴びて難聴になる症状を「急性音響外傷(きゅうせいおんきょうがいしょう)」と言っているのです。
栄養バランスの優れた食事を1日3回とることや運動は当然のことながら、健康増進やビューティーアップを目的とし、サブに様々なサプリメントを採用する事がまったく珍しくなくなっているのです。
ともすると「ストレス」というものは、「溜めてはいけないもの」「除去すべき」と判断しがちですが、実を言うと、我々人間は色々なストレスを受けているからこそ、活動し続けることができています。
ジェネリック医薬品(generic drug)とは新薬の特許が切れてしまった後に発売されるもので、まったく同一の成分で負担が少なくて済む(薬の代金が少額の)後発医薬品です。
胸焼けが主訴の逆流性胃腸炎は、4日前後薬を飲めば、普通、約90%の患者さんの自覚症状は消え去りますが、そうは言っても食道粘膜の炎症反応自体が完全に引いたことを意味しないので留意してください。
インフルエンザ(流感)の予防するための方法や医師による処置など、このような原則施される措置というものは、季節性のインフルエンザでも新たに発見された新型のインフルエンザであっても一緒なのです。
冠動脈の異常である狭心症(angina pectoris)の外科手術では大体「大動脈内バルーンパンピング」もしくは「冠動脈大動脈(かんどうみゃくだいどうみゃく)バイパス移植手術」の二者の手段がよく採用されています。
薬、酒に含まれるアルコール、増粘剤を始めとした食品添加物等の物質を酵素によって分解して無毒化する事を解毒(げどく)と称し、多機能な肝臓が果たす大切な務めの一つなのです。