心筋梗塞というのは心臓の周囲にある冠動脈の動脈硬化によって血管の内腔の幅が細くなってしまい、血液の流れが途絶えて、酸素や様々な栄養が心筋に配達されず、筋肉細胞そのものが機能しなくなるという大変危険な病気です。
ポリフェノール最大の機能はV.C.(ビタミンC)や脂溶性のビタミンEなどとは違い、細胞と細胞の間の水溶性部分に脂溶性の部分、ひいては細胞膜でも酸化しにくくする作用に優れています。
普通は水虫は足、中でも足指の間に発症する皮膚病だという認識が定着していますが、原因菌である白癬菌が感染する部位は足だけではなく、体のどこにでもかかる危険性があるので気を付けましょう。
子どもの耳管の構造は、大人の耳管に比べると幅がある上に短い形状で、なおかつ水平に近いため、様々な細菌が入りやすいのです。幼い子どもが急性中耳炎にかかりやすいのは、このためだと言われています。
くしゃみや鼻みず、鼻詰まりや目の掻痒感・ゴロゴロするような異物感などの花粉症の代表的な症状は、アレルギーを起こす花粉の飛散する量に追従するかのように深刻になる傾向があるということが明らかになっています。
肝臓をきれいに保ち続けるためには、肝臓の毒素を分解する作用が衰えないようにする、要は、肝臓を老けさせない対処法を迅速に開始することが有効です。
男性だけにある前立腺という臓器はその成長や働きにアンドロゲンが非常に大きく関係しており、前立腺に発現した癌も同じように、雄性ホルモン(男性ホルモン)に刺激されて大きくなってしまうのです。
腰などが痛むヘルニアは正しくは「椎間板ヘルニア」と呼ばれており、背骨の間にあって緩衝材の役割を果たしている椎間板という名前のやわらかい円形の組織が突出してしまった症例の事を指しているのです。
めまいが確認できず、長く続く耳鳴りと低音域の難聴だけを何回も繰り返すケースのことを「蝸牛型メニエール(メニエル)病」という病名で呼ぶケースも多いそうです。
不快な耳鳴りには当事者にしか聞こえないことを特徴とする「自覚的耳鳴り」と、血液が流れる音のように本人以外の人にも精度の高いマイクロホンを使用してみると感じることができると言われている「他覚的耳鳴り」とがあり、対処法が変わります。
基礎代謝(きそたいしゃ)とは人間が動かなくても燃えてしまう熱量であり、半分以上を全身の骨格筋・内臓の中で一番大きな肝臓・脳の3つが占めると考えられているようです。
寝姿を見ることなどで、入居者が猫のことを可愛らしいと思った場合にオキトキシンが分泌された結果、ストレスの低減や心のヒーリングなどに繋がっていくのです。
栄養バランスのいい食生活や体を動かすことは勿論、身体の健康や美容を目的として、栄養を補うために様々な成分のサプリメントを服用する事が常識になったそうです。
チェルノブイリ原発の事故のその後の後追い調査のデータをみると、体の大きな成人に比べて子供のほうが風に流されてきた放射能の悪い影響を受容しやすくなっていることが判明しています。
不整脈である期外収縮は、健康な場合でも出現することがあるのでさほど深刻なトラブルではないと考えられていますが、例外として発作が次から次へと出る場合は危ないのですぐ病院へ行きましょう。