クモ膜下出血(SAH)は実に8割以上が脳動脈りゅうと呼ばれる脳内の血管にできた不要なこぶが裂けることが要因となって引き起こされてしまう病だという知識を多くの人が持っています。
メタボとは断言されていなかったとしても、内臓の脂肪が多く付着するようなタイプの悪質な肥満症を持つことに縁り、深刻な生活習慣病を発症する可能性が高まります。
「肝機能の減衰」は、血液検査のアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ(AST)やアラニンアミノトランスフェラーゼ(ALT)、γ-GTP(γ-グルタミルトランスペプチダーゼ)等の数値によって確認することができますが、ここ2、3年肝機能が悪化している現代人の数が増加傾向にあるとのことです。
冠動脈の異常である狭心症の外科的な施術では「大動脈内バルーンパンピング法(IABP)」と「冠動脈大動脈(かんどうみゃくだいどうみゃく)バイパス移植術(CABG)」の双方の治療法が一般的に使用されています。
体脂肪の量(somatic fat volume)には変化が見られず、体重だけが食物の摂取や排尿などによって一時的に増減する際は、体重が増えれば体脂肪率(body fat percentage)は低くなり、体重が減った人は体脂肪率が上昇します。
トコトリエノールの効果としては酸化を遅らせる効果が殊更有名だと思いますが、この他に肌を美しくする作用や、血清コレステロールの生成を抑制したりするというようなことが知られています。
ヒト免疫不全ウイルス(HIV)を持つ血液や精液、母乳や腟分泌液等のあらゆる体液が、交渉相手などの粘膜や傷口等に接触した場合、感染する可能性が高くなってきます。
学校や幼稚園など大勢での集団生活をする際に、花粉症の症状のせいで友達と同様に外でパワー全開で動けないのは、子どもにとって残念なことです。
肝臓をいつまでも元気にキープするには、肝臓の毒素を無毒化する力が低下しないようにすること、言い換えると、肝臓を老けさせない対策をコツコツと実践することが有効です。
ジェネリック医薬品(generic drug)というものは新薬の特許が切れてしまった後に売られ、新薬に等しい成分で金銭的な負荷を下げられる(薬代が高くない)後発医薬品のことで、広く知られるようになりました。
ストレスがかかり、蓄積してしまう原理や、手軽で効果的な抗ストレス法など、ストレスに関わる全体的な知識を保持している人は、それほど多くはありません。
悪性の卵巣腫瘍である女性の卵巣がんは、元来、人間の体をがんから護る働きを持つ物質を生成するための型ともいえる遺伝子が異常をきたすことで罹患すると言われています。
乳幼児が受ける不活化ポリオワクチンは、かわる新しい手段として、2012年9月1日から原則無料の定期接種として導入されるので、病院などで注射してもらうスケジュール管理の必要な個別接種という扱いになりましたのでご注意ください。
グラスファイバーで製造されたギプスは、大変丈夫で重くないのに耐久性があり、濡らしてしまっても壊れずに使えるという長所があるので、現在採用されているギプスの中では第一選択肢だと言えるでしょう。
胃食道逆流症の一種である逆流性食道炎は、3〜4日ちゃんとお薬を飲めば、原則として90%近くの患者さんの自覚症状は治まりますが、イコール食道粘膜の炎症自体が癒えたとは断定できないのです。