アメリカやヨーロッパでは、新しく開発された薬の特許が切れた約30日後、市場の約8割が後発医薬品(こうはついやくひん、ジェネリック)に取って代わるという医薬品もあるほど、ジェネリック医薬品(後発医薬品)は世界中に知られています。
エネルギーの源としてすぐに役立つ糖質、細胞の生まれ変わりに絶対欠かせないタンパク質など、過度の痩身ではこのように活動をキープするために絶対必要な栄養素までもを減少させてしまっている。
肥満の状態というのはあくまで食事内容や運動不足が主因ですが、内容量の変わらない食事であったとしても、短時間で食べ終わる「早食い」をし続けたならば脂肪過多に陥っている肥満(obesity)を招きやすくなるということが明らかになっています。
日光に当たると生成されるビタミンDは、カルシウムが人体に吸収されるのを助長する特徴で広く知られており、血液中の濃度を操って、筋肉の活動を適切に調整したり、骨を作ったりします。
国民病ともいわれる花粉症とは、山林の杉や檜、松などの様々な植物の花粉が因子となって、クシャミ・目の痒み・微熱・鼻詰まり・鼻水などの辛くて不快なアレルギー症状を呈する病気だということは、今や常識となりました。
高齢化が原因の耳の遠さではゆっくりと聴力が落ちますが、普通は還暦過ぎまでは耳の悪さをしっかりとは自認できません。
消化器科で診てもらう急性腸炎は、ほとんどの場合腹痛・嘔吐・腹下しの症状がみられる位で済みますが、細菌感染が原因の場合はものすごい腹痛・長引く吐き気・何度も繰り返す嘔吐・水下痢の他に38℃以上の高熱も出るのが見分けるポイントだといえます。
胃食道逆流症(GERD)の一種である逆流性食道炎は、食事が欧米化したことに加えて能動喫煙・お酒・体重過多等の生活習慣の変化、ストレスによって、ことさら日本人に増加しているという病気だということができます。
もう歯の周囲を覆っている骨を減らしてしまうほど拡がってしまった歯周病は、残念ながら炎症そのものが沈静化することがあっても、失った骨が元通りに再建されることはないのです。
悪性の卵巣腫瘍である卵巣ガンは、本来、人間の身体をガンから護る作用を持つ物質を生産するための金型ともいえる遺伝子の異常により発症するというのは周知の事実です。
うす暗い場所だと光量が足りなくて見るのが難しくなりますが、より瞳孔が開くので、眼球のピントを合わせるのに余分なエネルギーが消費され、結果的に明るい所で物を見るよりも疲労が大きくなるのです。
アルコールを無毒化する働きがあるナイアシンは、辛い二日酔いによく効く成分です。ゆううつな宿酔の素因である酢酸アルデヒド(アセトアルデヒド)という物質のクラッキングに作用します。
下腹の強い痛みがみられる病には、盲腸と間違うことの多い大腸憩室症、5mm〜10mm大の石ができる尿路結石症、原因不明の難病である潰瘍性大腸炎、夜間でもすぐ救急にかかった方が良い急性腹膜炎、卵巣の病気などが真っ先に聞かれるようです。
耳鳴りには大きくわけて2種類あり、当事者にしか聞こえないような「自覚的耳鳴り」と、血液の流れなどのように本人と他の人にも高品質なマイクロホンを使ってみると響いてくると言われている「他覚的耳鳴り」とがあり、治療の方法が変わります。
内臓脂肪症候群(メタボ)であるとは言われなかったとしても、臓器に脂肪が付着するような悪質な肥満が存在することにより、複数の生活習慣病を引き起こしやすくなります。