毎日の規則正しい、穏やかな暮らし、腹八分目の実行、自分に合った運動やスポーツなど、アナログとも言える身体に対する気配りが皮ふのアンチエイジングにも関係しているといえます。
脂肪過多に陥っている肥満は大前提として栄養バランスや食生活の質、運動不足が素因ですが、内容量の変わらない食事だったとしても、短時間で食べ終わる「早食い」をすることによって肥満の状態を招く可能性があります。
エイズ(AIDS)はHIV、つまりヒト免疫不全ウイルスの感染によって生じるウイルス感染症の病名であって、免疫不全を起こして些細な真菌などによる日和見感染やがんなどを発病する症候群の事を指し示します。
スギの花粉が飛ぶ1月〜4月の間に、幼いお子さんが平熱なのにしょっちゅうクシャミしたりサラサラした鼻みずが止まない症状なら、残念ながら杉花粉症の可能性が高いといえるでしょう。
脂漏性皮膚炎という皮膚病は皮脂分泌の異常が原因で起こる発疹・発赤で、皮脂の分泌が乱れる素因としてアンドロゲンとエストロゲン・ゲスターゲンのバランスの崩れ、V.B.コンプレックスの慢性的な欠乏などが考えられます。
高血圧の状態になってしまうと、血管に強いダメージが与えられ、頭頂からつま先に至るまでいろんな血管にトラブルがもたらされて、合併症になる割合が高まると言われています。
AEDとは医療資格を持たない人でも使用する事のできる医療機器で、機器本体から流れる音声ガイダンスの手順に従って利用することで、心臓の心室細動の処置の効き目をみせてくれます。
冠動脈の異常である狭心症(angina pectoris)の外科処置では大半の病院で「大動脈内バルーンパンピング法(IABP法)」もしくは「冠動脈大動脈(かんどうみゃくだいどうみゃく)バイパス手術(CABG)」の二つの異なる手術が熱心に活用されています。
トコトリエノールの働きは抗酸化機能が一番認識されていると思いますが、それ以外にも肌を美しくする効果や、血清コレステロールの産出を抑えたりするということが知られています。
ジェネリック医薬品というものは新薬の特許切れの後に販売され、新薬と変わらない成分で金銭的な自己負担が少ない(薬の代金が高くない)後発医薬品のことをいいます。
基礎代謝量(きそたいしゃりょう)というのは就寝中ではなく覚醒状態で生命活動を維持していく(鼓動、鼻からの呼吸、腎機能の働き、体温や筋肉の緊張の維持など)ために欠かせないミニマムなエネルギー消費量のことを言います。
胃食道逆流症(GERD)の一つである逆流性食道炎は、食事が欧米化したことに加えてタバコを吸う事・お酒・隠れ肥満などのライフスタイルの質の低下、ストレス等により、最近、日本人に多く発生している病気の一種です。
クモ膜下出血(SAH)とは80%以上が脳動脈瘤と呼ばれる血管にできるコブが破裂して脳内出血する事が原因となって発病する致死率の高い病気として知られるようになりました。
耳鳴りは大きく2種類に分けることができ、当事者にしか感じられないことを特徴とする「自覚的耳鳴り」と、血が流れる音などのように当事者以外の人にも高品質なマイクロホンをあてたりすると感じられると言われる「他覚的耳鳴り」とがあり、治療法が異なります。
自分で外から見ただけでは折ったかどうか判別できない場合は、負傷した部位にある骨を注意しながら圧してみて、その箇所に強い痛みが響けば恐らく骨折だと思われます。