HMSの研究結果によると、普通のコーヒーと比較して1日2〜3杯はカフェイン抜きのコーヒーに変えると、驚くことに直腸癌の罹患リスクを半分以上減らせたそうだ。
植物の中に存在する化学物質、フィトケミカルの仲間であるスルフォラファンというブロッコリースプラウトに含まれている有機硫黄化合物が、肝臓から分泌される解毒酵素の自然な生産を支えているかもしれないという事実がわかりました。
ジェネリック医薬品というものは新薬の特許が切れてしまった後に購入できて、新薬と変わらない成分で金銭的な負担が少ない(薬の代金が安価な)後発医薬品です。
折り目正しい日常生活の継続、食べ過ぎないこと、持続可能なスポーツなど、アナログともいえる健康に対する配慮が老化対策にも役立つといえます。
基礎代謝というのは人間が何もしなくても使用してしまうエネルギー量のことで、その半分以上を全身の筋肉・臓器の中で最も大きな肝臓・大量の糖質を必要とする脳が使うということをご存知ですか?
よく耳にする心筋梗塞というのは冠動脈の動脈硬化によって血管の内腔の直径が細くなって、血液の流れが途切れ、重要な酸素や栄養を心筋に配達できず、筋細胞自体が壊滅状態になってしまう大変重い病気です。
高齢化が原因の耳の聞こえにくさはゆっくりと聴力が落ちていくものの、普通は還暦くらいまでは耳の衰えをなかなか認識できないのです。
吐血と喀血はいずれも口からの出血に変わりはありませんが、喀血とはのどから肺を繋ぐ気道(きどう、呼吸器の一つ)から血が出ることであり、吐血というのは無腸間膜小腸よりも上にある食道などの消化管からの出血のことを表します。
HIV、つまりエイズウイルスを保有する精液、血液、母乳、腟分泌液、唾液などの様々な体液が、交渉相手などの傷口や粘膜部分に触れると、感染するリスクが高くなってくるのです。
学校等大勢での集団行動をしている中で、花粉症の症状の為に他の皆と等しくはつらつと動けないのは、当事者にとってもさみしいことです。
消化器科の領域である急性腸炎は、大方は腹痛・吐き気・下痢を伴う程度で治まりますが、バイ菌の感染が原因の場合はものすごい腹痛・長引く吐き気・何度も繰り返す嘔吐・止まらない下痢とともに高熱も出るのが相違点だといえます。
ともすると「ストレス」というものは、「溜めてはいけないもの」「除去しなければいけない」ものとされていますが、実を言えば、私たちヒトは様々な場面でストレスを経験するからこそ、生活し続けることが可能になっているのです。
子供の耳管の特徴は、大人の耳管に比べると幅があり短い形で、尚且つ水平に近いため、細菌が侵入しやすくなっているのです。大人よりも子供の方が急性中耳炎を発症しやすいのは、この構造が関係しています。
陰金田虫は20〜30代の比較的若い男性に多い傾向があって、よくあるパターンとしては股間部にだけ広がり、身体を動かしたり、お風呂上りのように身体が熱くなると強烈な掻痒感を起こします。
「体脂肪率(body fat percentage)」とは、体内の脂肪の占めているパーセンテージのことであり、「体脂肪率(パーセント) = 体脂肪の量(somatic fat volume)÷体重(weight、kg )×100」という計算式によって表すことができます。